Collection 取扱モデル

サクソニア WG

219.026

価格 1,710,000円(税抜)

サクソニアは、調和のとれたダイヤルデザインの見事な成功例とされています。無駄を一切省き、あらゆる細部にいたるまで極限の完成度を追求した純粋さがその特長です。内側がオープンになっている分目盛によってダイヤルの空間に広がりが生まれ、ゴールド無垢を使った細身のバーインデックスが絶妙なアクセントになっています。

調和のデザイン
サクソニアは、調和のとれたダイヤルデザインの見事な成功例とされています。12時の位置にはA.ランゲ&ゾーネの文字が配置され、その反対側にあたる6時の位置にはスモールセコンドがあります。内側がオープンになっている分目盛によってダイヤルの空間に余裕が生まれ、ゴールド無垢を使った細身のバーインデックスが微妙ながらも効果的なアクセントになっています。

明快な輪郭
スリーパーツ構成のケースにも18Kのホワイトゴールドまたはピンクゴールドが使用されています。溶接されたスマートなラグと内側が斜めになっているベセルが、明快で優雅なケースの輪郭を際立たせます。

完璧の追求
ランゲの時計マスターたちがサクソニアで目指す完成度の高さは、この時計に搭載されているキャリバーL941.1からもよく分かります。入念に細部まで仕上げを施した部品の表面や洋銀製の4分の3プレートなどが、ハンドエングレービングを施したテンプ受けやビス留め式ゴールドシャトン、さらに昔ながらのチラネジテンプなどと並んで、完璧を追求するランゲの姿勢を物語っています。

全面にわたる仕上げ
サクソニアシリーズの各モデルでは、伝統に従って、面積の広い地板や受けが独特のストライプ模様で飾られています。外から見える位置ある部品だけでなく、決して人目に触れることのない部品にも施される装飾のひとつが、雲のようなイメージのペルラージュ仕上げです。ひとつひとつが円を小型の回転式研磨機を使って手作業で彫り込んでゆきますが、円の間隔が均一になるかどうかは、仕上げ職人の腕にかかっています。
・ケース素材: 18kホワイトゴールド
・ケースサイズ: 直径:37.0ミリ,高さ:7.8ミリ
・ダイヤル素材: シルバー無垢、シルバーカラー
・ハンズ(針): ゴールド,ロディウム仕上げ
・機能: 時,分 ストップセコンド機能搭載スモールセコンド 
・仕様: サファイアクリスタル製の風防ガラスおよびシースルーバック、ゴールド無垢製のリューズ、手縫いのアリゲーターベルト、ゴールド製の尾錠

《ランゲ&ゾーネ自社製キャリバー》 L941.1 手巻き
・ムーブメントサイズ: 直径:25.6ミリ,高さ:3.2ミリ
・部品数・石数: 164個/21石
(うち4石はビス留め式ゴールドシャトンを使用)
・脱進機: アンクル脱進機
・調速機: 耐震機構付きGlucydur製チラネジテンプ,ニバロックスヒゲゼンマイ、テンプ振動数21,600振動/時,スワンネック型緩急調整装置,特許技術ビートエラー修正機構
・パワーリザーブ: 完全巻き上げ状態で45時間

Collection 取扱モデル

COMPLICATION コンプリケーション LANGE1 ランゲ1 LANGE ZEITWERK ツァイトヴェルク SAXONIA サクソニア RICHARD LANGE リヒャルト・ランゲ 1815

宝石のたなか丸の内店 TEL052-951-1600

メールでのお問い合わせはこちらから