Brand story ブランドストーリー

A.ランゲ&ゾーネ

伝統的要素と歴史

A. ランゲ&ゾーネのルーツは18世紀のザクセン王国まで遡ります。 ザクセンは昔から発明が盛んな国で、科学への取り組みや完璧主義を重んじてきました。

165年におよぶA.ランゲ&ゾーネの歴史が始まったのは、繁栄が続いていたザクセンの歴史に重大な転機が訪れた時代のことでした。島国イギリスとヨーロッパ大陸諸国との交易を禁じたナポレオンによる大陸封鎖令(1806-1812年)が、解除されたばかりの時期でした。数年にわたり停滞していた繊維製品が大量に流入してきたのです。

その結果ザクセンのエルツ山地では基幹産業だった繊維業が完全に崩壊し、人々は失業に陥ります。

貧困に窮するエルツ山地の人々を支援するために、アドルフ・ランゲは現地に時計産業を興すことをザクセン政府に提案しました。 1843年にザクセン政府に書状を送り、エルツ山地に独自の時計工房を立ち上げるという構想に対する支援を求めたのです。長い交渉の末にようやくザクセン王国内務省との間で成立し、アドルフ・ランゲは移り住み、1845年12月7日 懐中時計工房を創業致しました。当時、エルツ山地は荒れ果て、やっと通れるような道が1本しかない状態でした。 これがドイツ精密時計製造業の始まりです。

その後、時計作りというもの自体の抜本的な改革を行い、常に一定の高い品質と信頼性を備えた時計の製作に励みます。

彼の改革は技術的な面だけではなく、作業分担制を作り、それぞれの才能を伸ばし、各工程の作業精度を上げることによって工房で製作される懐中時計の精度向上につながったのです。 教えた弟子達の多くは工房を開いて独立していき、だんだん工房の数も増えそれに伴い雇用の数も増加し、町の姿が形成されました。

その後30年もの長きにわたり時計作りに情熱を注ぎ、1875年12月3日 60歳でこの世を去りました。

長男のリヒャルト・ランゲは1868年、既に経営に参加しており、それをきっかけに社名をA.ランゲ&ゾーネに改称しました。

代々に渡り工房は引き継がれ、4代目のウォルター・ランゲも先代達と同じ道に進むことを決意しましたが、第2次世界大戦後、会社は国有化され、強制労働のためウラン鉱山へ送られることを知った彼は西ドイツへ脱出することになります。

1990年ベルリンの壁が崩壊し、ウォルター・ランゲは曾祖父アドルフ・ランゲがそうしたのと同じように、故郷の人々に将来の希望を与えようと即座にエルツ山地へ向かいランゲ一族の伝統を再び蘇らせようとしました。

アドルフ・ランゲが最初の工房を開いてからちょうど145年目にあたる1990年12月7日に新しい会社を設立し、A.ランゲ&ゾーネというブランドが再び蘇ったのです。

美しい仕上げと高い品質

A.ランゲ&ゾーネでは、ムーブメントのどの部品にも必ず、それぞれ独自の仕上げと装飾が施されます。 たとえそれが、サファイアクリスタルのシースルーバックを通して見ることのない部品であってもまったく同じです。 手作業で仕上げを施すことで、A.ランゲ&ゾーネの職人たちはまた、どの時計にも世界にひとつだけの要素を加えます。

完璧の追求: 二度組方式
A.ランゲ&ゾーネでは、ムーブメントの組立工程を必ず二度繰り返します。 二回目の組立工程は高級時計業界でも非常に珍しく、時計製造の手間がより一層大きくなることを意味しています。 しかし、すべてのムーブメントを、機能的にも視覚的にも最高の芸術品といえるものにするためには、必要不可欠な手順なのです。

一次組立
一次組立では、最高556個もの部品からなるムーブメントを、搭載されている複雑なメカニズムが完璧に機能するように部品相互の調整を徹底して行いながら組み立ててゆき、一次組立専用の組立作業用ビスを使います。

A.ランゲ&ゾーネの時計で基礎調整がもっとも難しいのは、クロノグラフです。 これほど高度なメカニズムとなると、部品をどんなに高い精度で製造しても、それだけでは全体がスムーズに機能するとは限らないからです。

ここが、A.ランゲ&ゾーネのマイスターたちの鋭い勘と腕の見せ所です。 マイスターの中でも最も経験の豊富な時計師が担当するこの作業では、クロノグラフムーブメントが完璧に機能するまで、手で調整を重ねてゆきます。

部品の仕上げと装飾
どんなに注意を払っても、調整作業の過程で部品に小さな傷がついてしまうことを、完全に防ぐことはできません。 そのため、一次組立の後、完璧に機能するようになったムーブメントを、もう一度完全に分解して清掃します。 精緻きわまりない部品の多くには、その時点ではじめて、伝統的な表面仕上げやエングレービング、艶出しなどによる最終的な仕上げを施すのです。

二次組立
すべての部品に完璧な仕上げを施してから、細心の注意を払いながらムーブメントをもう一度組み立てます。 その時には、一次組立で使用した組立作業用ビスの代わりに、ブルースクリューを使います。 そしてひとつひとつの部品に、それぞれ規定のオイルやグリースを使って、再度注油します。 そして、さらに精度の調整を行ってようやく、ムーブメントをプラチナまたは18Kゴールド製のケースに収めることができます。

最先端を行く手仕事

時代の最先端を行く工房
A.ランゲ&ゾーネの時計には、自社工房で製作し、仕上げと装飾を施したムーブメントのみが使用されます。 その工程のほとんどは手作業で行われます。 人間の手ほど繊細で多才な道具は存在しないからです。
ザクセンの発明精神
ザクセンは、発明と創意工夫の国です。 ザクセンで生まれた重要な発明が、たくさんあります。 世界で最初の日刊新聞が発行されたのも、ザクセンの街ライプチヒで、1650年の7月1日のことでした。 そして1708年にはヨーロッパ初の白磁がマイセンで発明されています。

時計の世界で活躍しているのが、A.ランゲ&ゾーネの設計技師たちで、ザクセンならではの旺盛な発明精神を発揮しては、見事なムーブメントを作り上げてきました。 そして、精密時計の進歩に幾度となく貢献してきたのです。

新たに開発したヒゲゼンマイ
世界中を見渡しても、ヒゲゼンマイの製造に必要な技術とノウハウを持った企業は、ほんの一握りしかありません。 そのひとつが、A.ランゲ&ゾーネの時計工房です。

最高品質のヒゲゼンマイを製造することは、時計製造技術のなかでも最も難しい分野に含まれます。 ゼンマイを機械的に成型する工程だけでなく、その熱処理においても極度に高い精度が要求されるからです。 たとえば、ヒゲゼンマイの圧延には100ナノメートルの精度が必要ですが、これは髪の毛1本の直径の約100分の1に相当します。

ランゲウォッチを見分ける目印。
そしてその作者たち。
ある小さな部品によって、A.ランゲ&ゾーネの時計はどれも、はっきりと見分けることのできる一点ものとなります。 その部品というのはテンプ受けのことで、今も160年前と変わらず、マイスターが真心を込めた手作業でエングレービングを施します。 人間にもそれぞれ固有の特徴があるのと同じように、テンプ受けにも、それぞれのエングレーバー独特の癖や、線さばきの勢い、彫りの深さなどがあり、ふたつと同じものはありません。
芸術家の仕事
A.ランゲ&ゾーネのエングレーバーは全員が芸術家であると言っても過言ではありません。 エングレービングの作業で頼りになるのは、自分の手と経験だけだからです。 直感に基づく確実な手さばきで、画家が絵筆を操るのと同じように、20種類近い工具を使いこなします。 違うのは絵の具の代わりに、いろいろなビュランを使いわけるところで、どれを選ぶかによってエングレービングの性格が変わります。 使用する道具は、手の大きさや、さまざまな線の幅、素材の硬さ、自分流のスタイルに合わせて、自分用のものを用意します。

工房の歴史的な社屋

工房の歴史的な社屋
エルツ山地の山からグラスヒュッテの町がある谷を見下ろすと、その中央にA.ランゲ&ゾーネの工房の建物が見えます。 東西ドイツ統一の直後は、最高級クラスの腕時計を製作するのに適した工房のスペースを見つけるのは容易ではありませんでした。 A.ランゲ&ゾーネの昔の本社工房に戻ることが、すぐにはできなかったからです。 本社工房は1873年にアドルフ・ランゲによって建造され、1948年まではランゲ一族の住居兼仕事場でもありました。

創業者アドルフ・ランゲ

創業者アドルフ・ランゲ
自らの構想の実現に情熱を注ぎ、身を粉にして働き続けたアドルフ・ランゲは、1875年にわずか60歳でこの世を去ります。 その間に彼は、順調な成長を遂げる一流の企業を築き上げ、同時にグラスヒュッテの町にささやかながらも豊かな生活をもたらしました。

時計師一族ランゲ家の四代目ウォルター・ランゲ

時計師一族ランゲ家の四代目ウォルター・ランゲ
第二次世界大戦が勃発から東ドイツ国家崩壊の後、一握りのスタッフと共に、復活後第一号となる腕時計コレクションの開発が始まりました。 新モデルは好評を集め、やがてグラスヒュッテの町は、着実にふたたびドイツ精密時計製作の中心地へと発展していったのです。

このページのトップへ戻る