Engravingエングレービング

マイスターの手によるエングレービング

名手の技が光るエングレービングによって、A.ランゲ&ゾーネのムーブメントはより一層魅力的なものとなります。 伝統的な花模様のモチーフや、流れるような彫り、線の表面を均一に出すビュランさばきなどから生まれる、光と影の織り成す微妙な風合いが、表面仕上げや艶出しの効果と美しく調和します。

A.ランゲ&ゾーネの時計には必ず、ハンドエングレービングを施したテンプ受けか、トゥールビヨンの受けが備えられています。 カバレット・トゥールビヨンとランゲ1・タイムゾーンのムーブメントには、さらに中間車受けもあり、その時計のテンプ受けないしトゥールビヨン受けと同じマイスターがエングレービングを施します。

A.ランゲ&ゾーネのムーブメントに施されるエングレービング

A.ランゲ&ゾーネのムーブメントに施されるエングレービング

テンプ受けやトゥールビヨン受け、中間車受けのエングレービングには、A.ランゲ&ゾーネでは昔から同じモチーフが使われています。 受けの中央にあるビスを縁取る花びらを中心とした、受けの独特な形状に調和するように彫り込まれた花柄の模様が、伝統のモチーフです。

しかしエングレービングはどれも、世界にひとつだけのものでもあります。 エングレービングには、それを彫ったエングレーバー独特の癖や、彫りの深さ、線さばきの勢いなどがあり、ひとつひとつはっきりと見分けることができるのです。 そしてそのエングレービングを見れば、どの時計も区別することができます。

ケースバックのエングレービング

A.ランゲ&ゾーネでは、お客様のご希望があればどのモデルでも、プレシャスメタル製のケースバックを使って、装飾を入れることができます。 ご希望のデザインの装飾が可能で、家紋や、イニシャル入りの献辞、昔ながらの花模様などをエングレービングできます。

巧妙な手さばきの要求される平彫りの技法では、A.ランゲ&ゾーネのマイスターが、ビュランを使って選択されたモチーフをケースの素材に彫り込んでゆきます。 その逆に、モチーフの周囲の面を慎重に削りだしてゆくことによって、ケースのベース面からモチーフを浮き立たせるのが、手間を要する浮彫りの技法です。

ケースバックのエングレービング